女の子と会うときに心がけるポイント

今回は、童貞卒業するうえでとても大切なことをお話ししたいと思います。

サイトでセフレ募集して、連絡先の交換をする。

そして、実際に女の子と会わないといけません。

かつての管理人のように、女の子に奥手というか免疫がない人の為のアドバイスですので、普通の方?には、参考にならないかもしれません。

どういう風に話をすればいいかとか、どのタイミングでホテルに誘うかとか、そういう初歩的な内容になります。

それでも、管理人は、これから書く方法でセフレをゲットし続けてきたので、それなりの自負はあります。

というか、これ以外の方法を知りませんし、できません。

 

それでは、実際に、女の子と会うときの心得を紹介したいと思います。

まず必要なのは、会話ですね。

管理人も最初そうだったのですが、女の子としゃべるのが苦手という人は、難しく考えすぎてます。

沈黙に耐えられない・・・

気まずいからなにか話さなきゃ!

そう思うのも無理ないんですけど、もっと軽く考えましょう。

 

具体的にどうすればいいかというと、以下の3つになります。

①聞き役に徹する

②話の腰を折らない

③話を真剣に聞き、内容をなるべく覚えておく

 

これだけです。

 

女の子は、セックス目的で会いに来てます。

お友達と話をしに来てるのではありませんし、面白い話を聞きに来ているわけでもありません。

①基本的に、女の子の話を聞いてあげるだけでOKです。

具体的に、俺の場合、すぐにホテルに行くんじゃなくて、女の子と簡単な食事をしてからホテルに行きます。

メールのやりとりの中でホテルに直行の雰囲気だったら、食事とか必要ありません。

そのまま直行しましょう!

 

挨拶と自己紹介を済ませたら、ご飯食べながら、女の子の話を聞いてあげるだけでOKです。

 

②そこで重要なのが、話の腰を折らない事。

話を途中で変えられるのを女の子は嫌います。

 

③ただ、会話はキャッチボールなので、話下手だからと言って、ずーっと黙ってるわけにはいきません。

こちらも何か言わなきゃいけないんですが、気の利いたことを言う必要はありません。

女の子が話した、趣味や身の上話に関する質問をしてあげるだけでいいんです。

沈黙に耐えられない場合もそうですね。

質問すれば答えてくれるので、解決ですね。

しかも、自分に関する質問なので、喜んで話してくれるし、

「あーこの人あたしの話ちゃんと聞いてくれてるんだー」というアピールにもなります。

思ってる以上に、女の子は自分の話を聞いてほしい生き物です。

どんなに相手の話がつまらなくても、興味を持ってる感じで質問してあげましょう。

下手な話をするよりも、退屈な話を聞いてる方が相手の為です。

この後のセックスという目的を果たすためにも、我慢です!

 

食事が済んだら、ホテルに誘う必要があります。

一度トイレに行くなりして、場を仕切りなおします。

席に戻ったタイミングで、じゃ行こうか。

その一言でOKです。

 

いつまでもとりとめなくファミレスでダラダラしてると、

えっ?

なんでホテルに誘ってくれないんだろう?

と思ってしまいます。

もたもたしてると、

じゃー帰るね。

と言われかねないので、さりげなく切り出しましょう。

 

これだけです。

え?他にはないのかって?

 

ありません。

管理人は、この数年これだけしかやってません。

ですが、効果は絶大です!

 

あたしのことこんなに大切にしてくれるとか、優しいと錯覚させる効果もあるようで、

彼氏と別れるから付き合ってと交際を求められることもあります。

 

ただ黙って話を聞くというより、

へぇ~とか、あぁ~とか、おぉ~とか、相槌をうちながら真剣に話を聞いてる演出をしてくださいね。

たったこれだけのことなんですが、面白いほど女の子は心を開いてくれます。

童貞卒業の必勝パターンの紹介は、これで終わりです。

まとめると、

1.勝率が高い出会い系サイトを利用する&プロフィールをきちんと書く

2.落としやすい女の子に絞ってアプローチする

3.コミュニケーションをとってセフレにする(この記事)

 

この3ステップが、出会い系でセフレ募集する基本となります。

ぜひ、この童貞卒業3つのステップを実践しながら、徐々にあなた流へアレンジしてみてくださいね♪

 

もしも、出会い系サイトでうまくいかないとか、相談に乗ってほしいことがありましたら、気軽にメールくださいね!

コメントを残す